うんちを食べるのを予防するしつけ、トレーニング

うんちを食べるのを止めさせたい場合、現行犯でしつけないと
いけません。

ですので、飼い主は排泄のタイミングを覚えるようにしましょう。

起きた後、食事の後、運動した後に排泄することが多いです。

犬がうんちをして、その後にうんちのにおいを嗅ぎに行ったり、
近づこうとしたら、手を出し「いけない」と声をかけます。

それでも食べようとしたら、強引に阻止しましょう。

飼い主の命令に背く場合は、まだ主従関係が築けていません。

服従訓練を行いましょう。

→犬のしつけをマスターしたいならこちらのDVDをご覧下さい!
posted by ダス at 14:10 | しつけ・トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。